維摩一黙

しがないサラリーマンのほったらかし投資などの記録です。

靴磨きのおっさん、仮想通貨を買う

とある有名な話をご存知だろうか。

その昔の好景気の時代にJFKのパパが若い頃、ウォール街で靴磨きの少年に「あの株を買うといいでごわすよ」と言われ、なにこれ怖っ、と怖くなったパパケネディはポジションを手仕舞いし、無事大暴落から逃れたという話。作り話らしいけど。


さて、昨年ビットコインが200万円を超え、連日ニュースでも報道された。取引所のCMもバンバンやり出して猫も杓子も仮想通貨という事態になっているため、ついに指を咥えて静観していた私も、辛抱堪らん!と靴磨きの少年改め靴磨きのおっさんとして仮想通貨の購入と相成った訳である。


12月の頭にZaifという日本の取引所に口座開設を申し込み、約1ヶ月後の昨日にようやく本人確認のお知らせが届き、口座開設できた。それと同時進行で海外のBinanceという取引所にも口座を開設した。中国の世界的規模の取引所で、日本の取引所に無い通貨を取り扱っているようだ。うーん怪しい。


資金が無いのが一番の悩みであるが、ボーナスの一部、4万円をこっそり抜いておいた闇資金があるので、それを当てることとした。


Zaifモナコイン、ネムとやらを1万円ずつ購入し、BainanceでTRXを8000円分、TRIGとAPPCを4000円分くらい購入した。(ETHで送金するのに手数料がめちゃかかった)
購入通貨は、適当にブログなどで将来性がありそうだと書いてあるものをチョイスした。よく分からんが、5つ買ったうちのどれかが噴いてくれればラッキーくらいの心持ちでいることとする。どうせ無い予定の金だしね。