維摩一黙

しがないサラリーマンのお便所の落書きです。

資産運用第5の矢 くりっく株365

今年の夏に家を購入したことを勘案してもお金がやたら減ったと思っていたら、6月に100万円分購入して、最近まですっかり忘れていたものがあった。
それは、「くりっく株365」という金融商品で、アメリカのNYダウ、イギリスのFTSE100,日本の日経平均株価、ドイツのDAXという4つの指数にレバレッジをかけてそれぞれ投資できるというもの。
更に、配当相当額という株の配当金のようなものがもらえる。
6月には、FTSE100を1枚75万円の時に、レバレッジ3倍の25万円で4枚購入していた。
ブレグジットはあるものの、FTSE100の構成銘柄は世界的な企業ばかりなので、NYダウのようにこの先も上がっていくはず、とどこかのブログで見た記事をもとに購入した記憶が朧げにある。あと、NYダウは1枚200万以上するので元手が無い。
そんな良い加減な気持ちで購入し、5ヶ月程経った状況は以下の通り。

見ての通り、配当金相当額も積み重なり、5万以上のプラスになっている。
とりあえずはこのまま放置していきたい次第である。