維摩一黙

しがないサラリーマンのお便所の落書きです。

ヤビツ峠初挑戦の結果

先週末、妻が子供を連れて、とある用事に出かけると言っていたので、これ幸いと久々にロードバイクに乗ることにした。
行き先は、ロードバイク乗りのメッカと言われるヤビツ峠にした。

田舎に住んでいるので、この標識の場所まで1時間かからず。このちょっと先にコンビニがあり、結構な人数のロードバイク乗りが居た。
コンビニに向かって右の道から降りてくる自転車が多かったので、そこから登る。

そしてひたすら登るのだが、辛い。辛すぎる。時速は既に8、9kmになっており、息も絶え絶え。

この便所の前に広場があり、そこでしばし休憩。行ったことのある人は分かるだろうけど、まだここは半分も行くか行かないかの場所である。地図を確認して、愕然とする。
気を取り直して出発し登り続ける。山道が始まり少し涼しくなったものの、辛い。そのうちふくらはぎがピクピクし出して、攣りそうになったので空いたスペースでストレッチをしていたら、通りすがりのかなり年上だと思われる淑女に心配され声をかけられる始末。そんなこんなで息も絶え絶え登り、ようやくゴールへ。一時間以上かかった。弱すぎる。

ヤビツ峠には物凄い数のロードバイク乗りが居て、集団で来ている人も多かった。

訳の分からんサイダーを飲み、坂を下り(道幅が狭いところがあるので、スピードを抑えないと死ぬ)帰路に着いた。
習慣として走ってないとどうしようもないな。次回は休憩無しで登りたいものだ。