読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

維摩一黙

しがないサラリーマンのお便所の落書きです。

積立投信でインデックス投資始めました

妻を騙して説得して、毎月1万円分銀行引き落としで投資信託を積み立てることにした。晴れて私もインデックス投資家の仲間入りである。
積立銘柄は、以下の2銘柄である。



どちらも信託報酬が最低クラスのノーロードファンドである。分配金が出るかどうかは、新しいファンドなので決算日がまだ来たことが無く謎。NISA口座にしておいたから、出ても無課税で再投資される。

選んだ理由としては、NYダウ・インデックスはアメリカの長期的な成長に期待し(近々調整はありそうだけど)、8資産バランスは国際分散投資ということで、妻を説得する上でも理論付けに有利だろうと無難な感じで入れた。

説明する時に鼻息を荒くして、日経平均株価は1989年が最高でNYダウは今も最高を更新し続けている上に、日本は超少子高齢化が進んで先細りだが、アメリカの人口は増える一方でこの先も成長していくんだ!また、投資の基本は世界分散投資だからこれら半々が最高の選択だ!(注:これについてはどこにもそんなこと言ってる人は居ません)

更に、毎月積み立てることで暴落時にもドルコスト平均法でウンヌンカンヌン!ブヒーブヒー!と諸先輩方のブログで聞きかじったことを熱弁したが、「ふーん。したきゃすれば?でも勝手に金額上げたりしないでね。」と全く興味の無さそうな反応であった。

 

ところでいろいろ情報収集をしていると、

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(三菱UFJ国際投信)と言うものが5月の初旬に販売開始されるそうで、これはifree8資産バランスより信託報酬もほんの若干低い上に、新興国株式のところのファンダメンタルインデックスだかなんだか分からんが、なんだかそんな感じのものがほんのちょっと良いらしい(具体的にどっちが良いかはよく分からんかった)。まだ乗り換えも余裕だから、せっかくなんでそっちにしようかと思う。

 

積み立て投資はとりあえず1年間はやってみようと妻を説得したので、1年経ってまあいい感じだったら積立金額を増やすのも良いかと思う。ただ、アメリカがなんやかんやで下がってたら成績もマイナスになってると思うんで、その時にいかに説得し直すかが肝だ。

また、ファンドが限定されるが長期的な運用が可能になる、積立NISAなるものも来年から始まるようで今回の投信は確実に対象に入るだろうから、さっさとそっちに移すのも良いね。年額40万円なら毎月3万3000円までは積立OKになるし。